日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

安倍政権に激震 福岡6区補選で「二階vs麻生」の暗闘勃発

 新体制の安倍政権に早くも亀裂――。麻生太郎財務相(75)と二階俊博幹事長(77)との間で暗闘が勃発しているという。10月に行われる衆院福岡6区補選の公認をめぐって対立しているというのだ。

 鳩山邦夫氏が死去したために実施される補欠選挙の公認候補には、当初、邦夫氏の次男である大川市長の二郎氏(37)がスンナリ選ばれるとみられていた。ところが、福岡県連は、二郎氏ではなく、福岡県連の会長である蔵内勇夫県議の長男・謙氏(35)の公認を党本部に申請。外された二郎氏は「公認を得られなくても手を下ろすわけにはいかない」と無所属でも補選に出馬する構えで、このままでは「分裂選挙」必至の情勢となっている。

 鳩山二郎氏のバックには二階幹事長、蔵内謙氏のバックには麻生財務相がついていて、どちらを公認候補とするか〈二階vs麻生〉の対決になっているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事