“二階幹事長”で現実味 安倍首相「11月解散」のシナリオ

公開日:  更新日:

 安倍首相が1日、自転車事故で入院中の谷垣幹事長の後任に二階総務会長を充てる方針を固めた。3日、内閣改造も発表されるが、“二階幹事長”は「11月解散」に向けた布石のひとつではないかとみられている。「アベノミクスを最大限にふかす」のに、これほどの適任者はいないからだ。

「7月27日に安倍首相が公言した『28兆円』という景気対策の規模は、二階氏抜きでは実現しませんでした。彼が財務省の福田淳一主計局長を党本部に呼び出し、『もっと上積みするように』と迫ったのです。それがなければ、当初予定された10兆円程度になっていたでしょう」(霞が関関係者)

 二階氏は自民党の「国土強靱化総合調査会長」も務めている。幹事長と兼任するかは分からないが、9月からの臨時国会で大型補正予算案がクローズアップされることになりそうだ。

■日銀も9月大規模緩和で株高演出

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る