• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小池「都政改革」は2.2億円“五輪裏金問題”にも切り込むか

 小池百合子都知事が本部長を務める「都政改革本部」の調査チームが始動した。2020年東京五輪の招致過程や予算の妥当性、競技施設の積算根拠などを検証するという。今年5月に浮上した招致委員会の“裏金疑惑”はウヤムヤにされたまま。招致過程にまで踏み込むとなれば、ここを避けては通れない。小池都知事は本気で、魑魅魍魎のブラックボックスを透明化するつもりか。

 もともと東京は16年の五輪開催を目指したが、09年のIOC(国際オリンピック委員会)総会で落選。13年総会でリベンジに成功し、20年開催にこぎ着けた。そのプロセスで疑われているのが、IOC幹部への“裏金”だ。

 仏検察当局による捜査で、13年に当時IOC委員だったラミン・ディアク氏(国際陸連前会長)が関係する海外企業に約2.2億円を支払っていたことが発覚。不正を裏付けるかのように、WADA(世界反ドーピング機関)も〈(20年五輪の)開催都市選考で、トルコは国際陸連に協賛金400万~500万ドル(4億~5億円)を支払わなかったためにディアク氏の支持を得られず、支払った東京に決まった〉という報告書を発表している。五輪招致をめぐって何らかのカネが動いた、と勘繰られても仕方があるまい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る