“裏金”2.2億円の内訳も 元JOC職員が明かす五輪招致の裏側

公開日: 更新日:

「あくまでも目的は招致を成功させることですから、予算の感覚には欠けています」

 こう言うのは日本オリンピック委員会(JOC)元職員で、長野五輪招致活動に関わったスポーツコンサルタントの春日良一氏。

 東京五輪招致決定をめぐり、日本側がコンサルタント料の名目で国際オリンピック委員会(IOC)委員で、国際陸上競技連盟前会長のラミン・ディアク氏の息子の関連会社に、約2億2000万円を振り込んでいた問題に関してだ。

 JOCの竹田恒和会長によれば、「国際的にみてコンサルタント会社なしに招致は勝ち得ないといわれる。本人から売り込みがあった」そうだ。コンサルタント料は全額、招致活動経費89億円の中から捻出されたという。

 前出の春日氏がこう言った。

「ルール違反だからとか、予算の範囲を超えているからとムゲに断ろうものなら、他の都市に票が流れ、すべてがパーです。そうならないためにも相手の要求にはなるべく応える必要があります。その結果、言われるがままにカネを支払うことにもなる。とにかく予算をそこらじゅうからかき集めて、できるだけ要求に応えられるよう使えるだけ使えということです。IOCの委員は約100人いますから、会いに行くだけでも莫大な費用がかかります。往復の航空費に加え、ホテルもスイートに宿泊しなければ、相手からバカにされます。問題は金額よりも、どうやってその費用を正当化するかです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  5. 5

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  6. 6

    安倍首相と小池都知事がリーダーだと頭が混乱してしまう

  7. 7

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  8. 8

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  9. 9

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  10. 10

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

もっと見る