玉寿司 中野里陽平社長<1> 理念は「4つのことを大切に」

公開日:  更新日:

 木を基調とした心地よい店内にリーズナブルな価格。大正13(1924)年に創業した「築地玉寿司」は、親しみやすさで人気を博す江戸前寿司の老舗だ。現在、東京を中心に全国29店舗を展開する玉寿司を率いるのが社長・中野里陽平氏。1972年、創業地・築地生まれの江戸っ子だ。

「兄1人、姉が2人の4人きょうだいの末っ子でした。休日は家族で玉寿司の店舗に食べに行くのが恒例でした。自宅の近所にあった本社にもよく遊びに行っていたので、幼稚園児のころには、家業が寿司屋だということをなんとなく理解していました」

 パイロットや野球選手に憧れる同級生が多い中、卒園アルバムに、将来は「玉ずしのしゃちょうになりたい」と書いたという。

「小学生のころは、父と祖母の後について築地市場にもよく行きました。創業者の祖父を早くに亡くした祖母は、2代目として戦後の玉寿司を支えた人。現役を退いて家にこもりがちな祖母に元気を出してほしいと、父が連れ出していたんです。老いて足腰が弱くなっている祖母が、市場に行くと、しっかりとした足取りで歩くのが印象的でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る