玉寿司 中野里陽平社長<1> 理念は「4つのことを大切に」

公開日:  更新日:

 木を基調とした心地よい店内にリーズナブルな価格。大正13(1924)年に創業した「築地玉寿司」は、親しみやすさで人気を博す江戸前寿司の老舗だ。現在、東京を中心に全国29店舗を展開する玉寿司を率いるのが社長・中野里陽平氏。1972年、創業地・築地生まれの江戸っ子だ。

「兄1人、姉が2人の4人きょうだいの末っ子でした。休日は家族で玉寿司の店舗に食べに行くのが恒例でした。自宅の近所にあった本社にもよく遊びに行っていたので、幼稚園児のころには、家業が寿司屋だということをなんとなく理解していました」

 パイロットや野球選手に憧れる同級生が多い中、卒園アルバムに、将来は「玉ずしのしゃちょうになりたい」と書いたという。

「小学生のころは、父と祖母の後について築地市場にもよく行きました。創業者の祖父を早くに亡くした祖母は、2代目として戦後の玉寿司を支えた人。現役を退いて家にこもりがちな祖母に元気を出してほしいと、父が連れ出していたんです。老いて足腰が弱くなっている祖母が、市場に行くと、しっかりとした足取りで歩くのが印象的でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る