韓国で「おごり禁止法」施行 経済損失や実効性を疑う声も

公開日: 更新日:

「おごり大国」で“おごり”が禁止される。

 今週、韓国ロッテの重光昭夫会長に横領・背任容疑で逮捕状が請求され、今月中にも裁判所の判断が示される。韓国検察は180億円ともいわれている裏金の“行方”を追いかけることになるだろう。“汚職の一掃”は韓国の大きな課題だが、28日から施行されるのが「不正請託及び金品授受の禁止関係法」だ。

 公職者やマスコミ、私学を含む教員に一定額以上の食事や金品の提供を禁じる内容だ。対象者は配偶者も含めると400万人規模と推計されている。食事は1回3万ウォン(約2700円)、贈り物は5万ウォン(約4500円)、慶弔費は10万ウォン(約9000円)が上限となる。違反者を申告すると報奨金を与える制度も整え、本気で取り締まるつもりのようだ。

 気になるのが韓国経済への影響だ。シンクタンクの韓国経済研究院は年間11兆ウォン、日本円で1兆円もの経済損失を試算している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  5. 5

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  8. 8

    囁かれる山Pの二の舞…脱退&退所の錦戸亮に明日はあるか

  9. 9

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る