韓国で「おごり禁止法」施行 経済損失や実効性を疑う声も

公開日:  更新日:

「おごり大国」で“おごり”が禁止される。

 今週、韓国ロッテの重光昭夫会長に横領・背任容疑で逮捕状が請求され、今月中にも裁判所の判断が示される。韓国検察は180億円ともいわれている裏金の“行方”を追いかけることになるだろう。“汚職の一掃”は韓国の大きな課題だが、28日から施行されるのが「不正請託及び金品授受の禁止関係法」だ。

 公職者やマスコミ、私学を含む教員に一定額以上の食事や金品の提供を禁じる内容だ。対象者は配偶者も含めると400万人規模と推計されている。食事は1回3万ウォン(約2700円)、贈り物は5万ウォン(約4500円)、慶弔費は10万ウォン(約9000円)が上限となる。違反者を申告すると報奨金を与える制度も整え、本気で取り締まるつもりのようだ。

 気になるのが韓国経済への影響だ。シンクタンクの韓国経済研究院は年間11兆ウォン、日本円で1兆円もの経済損失を試算している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る