どうなる新潟知事選 脱原発の野党共闘vs原子力ムラ鮮明に

公開日: 更新日:

 泉田裕彦知事の突然の出馬撤退でガ然、注目を集める新潟県知事選挙(16日投開票)。9月29日の告示後、初の選挙サンデーを迎えた2日、医師で弁護士の米山隆一(49)=共産、社民、生活推薦=と、前長岡市長の森民夫(67)=自民、公明推薦=の両候補が、それぞれ新潟市内を中心に支持を訴えた。

 早くも鮮明になってきたのは「脱原発野党共闘候補」VS「原子力ムラ支援候補」の対立構図だ。

 JR新潟駅前で演説した米山氏は「安心して暮らしたいというささやかな願いをかなえられない政治では、いけない」と訴え、脱原発を訴えていた“泉田路線”を継承する考えを強調。共産党の小池晃書記局長も応援に入り、「原発再稼働をやすやすと受け入れず、しっかりモノを言う米山氏を知事に」と盛り上げた。

 民進党の自主投票を記者から問われた小池氏は動じる様子もなく、「自主投票とはいえ、応援に入っている国会議員もいるので実質的には野党共闘に近い」と自信マンマンだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  6. 6

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  7. 7

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  10. 10

    転落に巻き添えで女子大生死亡…遺族は補償を受けられるか

もっと見る