安倍政権思いつき改革 氷河期世代“正社員化”は問題山積

公開日:

「何を今さら」とネット住民はカンカンだ。安倍政権が就職氷河期(1990年代後半~2000年代前半)世代の“正社員化”をブチ上げた。

 現在、無職か非正規社員の氷河期世代を採用した企業に助成金を支給する制度を来年度から創設するというが、ネット上は「今さらもう遅い」「制度を悪用されて食いモノにされるだけ」などと大炎上している。それも当然で、安倍政権はまるで実態を分かっていない。

 少子高齢化もあって、確かに中小企業の人手不足は深刻だ。日本商工会議所が全国の中小企業を対象に行った今年の調査によると、約56%が「人手不足」と回答しているが、新制度の対象になるのは、過去10年間で5回以上の失業や転職を経験した35歳以上の無職や非正規社員だ。

■思いつき改革で企業は動かない

 特定社会保険労務士の稲毛由佳氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  6. 6

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  7. 7

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る