安倍官邸密かに期待 橋下徹氏「2月選挙」なら出馬あるか

公開日: 更新日:

「来年1月10日解散・2月5日投票」――と、具体的な日程まで飛び交い始めた政界は、メディアが煽っていることもあって、日を追うごとに「解散風」が強まっている。

 すでに自民党幹事長派閥の二階派は、所属議員に「解散準備命令」を出し、現職閣僚も地元に選挙事務所を構え始めている。

 安倍官邸が今、密かに期待しているのが、橋下徹氏の政界復帰だという。現在、約300議席を誇る自民党は、年明けに衆院選を行った場合、最悪50以上の議席を失うとみられている。民進党に議席が流れるのを防ぐため、“橋下出馬”に期待しているというのだ。

「もし、橋下さんが維新から出馬したら、近畿を中心に議席を伸ばすのは間違いないでしょう。自民党が失う議席の多くは、維新に流れるはずです。結果的に民進党の議席増を阻止できる。もちろん、自民党が予想以上に食われる恐れはありますが、今や維新は自民の完全な補完勢力。選挙後に“自公維”の3党で連立を組めば、再び3分の2の勢力を確保できる。タイミング良く12月24日に橋下さんと会食する安倍首相は、その場で政界復帰の感触を確かめるはずです」(政界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る