トランプ勝利も的中 高田創氏「とんでも予想」なぜ当たる

公開日: 更新日:

 トランプ大統領の誕生を1年近く前に予想したエコノミストとして話題になった高田創氏。2015年12月に発行したリポート「とんでも予想2016」で筆頭に挙げたのが、「米大統領選挙で不動産王のトランプ氏が当選」だった。世界が度肝を抜かれた米大統領選挙の結果を、なぜそんなにも早く見通すことができたのか。経済の専門家の先を読む方法とは――。

■「とんでも予想」なのに…

――予想は見事、的中しましたね。

 いやあ、ビックリしました。予想したのは昨年12月ですから、トランプ氏が共和党の指名争いで勝てるかどうかも不明な時期です。まして大統領に選ばれるなど、誰も想定していなかったでしょう。だから「とんでも予想」だったのですが、当たってしまいました。

――2番目に挙げた「ブラジルのルセフ大統領の罷免」も現実になりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  3. 3

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  9. 9

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る