トランプ勝利も的中 高田創氏「とんでも予想」なぜ当たる

公開日:

 トランプ大統領の誕生を1年近く前に予想したエコノミストとして話題になった高田創氏。2015年12月に発行したリポート「とんでも予想2016」で筆頭に挙げたのが、「米大統領選挙で不動産王のトランプ氏が当選」だった。世界が度肝を抜かれた米大統領選挙の結果を、なぜそんなにも早く見通すことができたのか。経済の専門家の先を読む方法とは――。

■「とんでも予想」なのに…

――予想は見事、的中しましたね。

 いやあ、ビックリしました。予想したのは昨年12月ですから、トランプ氏が共和党の指名争いで勝てるかどうかも不明な時期です。まして大統領に選ばれるなど、誰も想定していなかったでしょう。だから「とんでも予想」だったのですが、当たってしまいました。

――2番目に挙げた「ブラジルのルセフ大統領の罷免」も現実になりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  8. 8

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

もっと見る