日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

前経営委員長代行の上村達男氏 “NHKの病巣”を解き明かす

 この3年間、世間を騒がせてきたNHKの籾井勝人会長(73)が来年1月に任期満了で退任する。次期会長は現職の経営委員で三菱商事元副社長の上田良一氏(67)。「政府が右と言うものを左と言うわけにはいかない」という異常な状態から、果たしてNHKはマトモな公共放送に戻れるのか。経営委員会委員長代行の立場で籾井会長の言動を批判し、退任後も真っ向からぶつかってきた気骨の法学者・上村達男氏(68)がNHKの病巣を解き明かす。

■自殺行為を寸前で回避した経営委員会

――籾井会長の退任が決まりました。

 当然の結果だと思います。今回、経営委は指名部会で〈政治的に中立である〉〈公共放送としての使命を十分に理解している〉〈人格高潔である〉など、5つの資格要件を自ら設定しました。それに照らして「要件に該当しない」と判断したのでしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事