プーチン連日の大遅刻 安倍首相とのランチ首脳会談お流れ

公開日: 更新日:

 プーチン、まさかの大寝坊?――山口県長門市の温泉旅館での日ロ首脳会談から一夜明けた16日、安倍首相は午前9時に宿泊先の大谷山荘を出発。予定通り10時43分に山口宇部空港を飛び立ち、昼前に羽田空港に到着した。

 一方のプーチン大統領がホテルを出発したのは予定より50分遅れの10時30分。昼前に山口宇部空港に到着した。ところが今度は、大統領特別機がエンジントラブルを起こして飛行不能に。プーチンは帯同していた予備の特別機に11時40分に乗り込んだものの、離陸準備に手間取り、ようやく正午ごろ東京に向かって出発した。

 16日は首相官邸で昼食をとりながら首脳会談(ワーキングランチ)を行う予定だったが、プーチンの連日の大遅刻でお流れに。もともと官邸での歓迎行事でロシア国歌の演奏を固辞したプーチンだから、安倍首相とのワーキングランチを軽く見ているのはミエミエ。特別機のエンジントラブルは渡りに船だったかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  5. 5

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

もっと見る