プーチン連日の大遅刻 安倍首相とのランチ首脳会談お流れ

公開日:  更新日:

 プーチン、まさかの大寝坊?――山口県長門市の温泉旅館での日ロ首脳会談から一夜明けた16日、安倍首相は午前9時に宿泊先の大谷山荘を出発。予定通り10時43分に山口宇部空港を飛び立ち、昼前に羽田空港に到着した。

 一方のプーチン大統領がホテルを出発したのは予定より50分遅れの10時30分。昼前に山口宇部空港に到着した。ところが今度は、大統領特別機がエンジントラブルを起こして飛行不能に。プーチンは帯同していた予備の特別機に11時40分に乗り込んだものの、離陸準備に手間取り、ようやく正午ごろ東京に向かって出発した。

 16日は首相官邸で昼食をとりながら首脳会談(ワーキングランチ)を行う予定だったが、プーチンの連日の大遅刻でお流れに。もともと官邸での歓迎行事でロシア国歌の演奏を固辞したプーチンだから、安倍首相とのワーキングランチを軽く見ているのはミエミエ。特別機のエンジントラブルは渡りに船だったかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る