トランプ政権 駐日大使に“知日派”金融マン起用の深謀遠慮

公開日: 更新日:

 米国のトランプ次期大統領が、駐日大使に投資金融会社創業者のウィリアム・ハガーティー氏を起用する方針を決めた。近く正式発表される。

 ハガーティー氏はトランプの政権移行チームで政治任用部長を務める人物。テネシー州ナッシュビル出身で、バンダービルト大学で経済学の学位を取得。その後、ボストン・コンサルティング・グループ、トライデント・キャピタルなどのコンサルティング会社勤務を経て、1997年、投資金融会社ハガーティー・ピーターソン社を設立した。ボストン・コンサルティング・グループ時代は、シニア駐在員として日本に3年間勤務した経験を持つ。

 ブッシュ元大統領時代の91~93年、ホワイトハウスのスタッフを務め、2012年の大統領選で共和党候補ロムニー元マサチューセッツ州知事の政権移行チームに参加。トランプの政権移行チームでは、約4000の政治任用ポストの人選などに携わっているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  6. 6

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  7. 7

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  8. 8

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  9. 9

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  10. 10

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

もっと見る