トランプ人事 通商代表も対中強硬派…過去には日本叩きも

公開日: 更新日:

 トランプ政権の通商政策の中枢に、またも対中強硬派が起用された。

 トランプ次期米大統領は3日、通商代表部(USTR)代表に、米鉄鋼大手USスチールの顧問弁護士のロバート・ライトハイザー氏(69)を指名すると発表した。

 同氏は1980年代にレーガン政権でUSTR次席代表を務めた。その際、対日鉄鋼協議で日本叩きを展開、対米輸出の自主規制に追い込んだ実績がある。その後はUSスチールの顧問弁護士となり、中国製鉄鋼に対する反ダンピング(不当廉売)関税の適用を米政府に執拗に働きかけてきた。

 トランプ政権では、やはり対中強硬派で知られるピーター・ナバロ(カリフォルニア大教授)が新設される「国家通商会議(NTC)」の委員長に就任。米中の貿易摩擦の激化は必至だが、日本も安閑とはしていられない。

 トランプは日本製自動車の関税引き上げをほのめかし、アベノミクスを「通貨安誘導」と批判している。ライトハイザーも「全ての米国人の利益につながる通商政策」を標榜しており、対米貿易黒字が大きい日本も標的になる恐れも大きい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  3. 3

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  6. 6

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  7. 7

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

  8. 8

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

もっと見る