トランプまた放言 国境の壁建設費「メキシコに後で請求」

公開日: 更新日:

 またツイッターで大放言だ。米国のトランプ次期大統領が6日、メキシコ国境の「壁」建設の費用について、まずは米国が負担し、後からメキシコに請求するとの考えを明らかにした。

 選挙中から建設費をメキシコに負担させると公約していたトランプに対し、複数の米メディアは、費用が米国の予算に盛り込まれる可能性があると報じてきた。

 これにトランプは「うそつきメディア」とブチ切れ。「不誠実なメディアは、グレートウオールを築くための費用は後でメキシコが支払うということを伝えていない」とツイッターに投稿した。しかし、根拠については一切、説明しなかった。

 中国批判やトヨタ批判と、ツイッターで放言続出のトランプ。バイデン副大統領も5日、米メディアのインタビューで「大人になれ、ドナルド」とたしなめ、「君は大統領だ。どんな考えがあるのか示してほしい」と苦言を呈していた。

 米国内でも批判の声が強まってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る