• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

移民排斥でモスク銃撃も “テロの標的”にされる25カ国地域

 トランプ米大統領の入国禁止令で、世界が混沌としてきた。反発したカナダのトルドー首相が難民の積極受け入れを表明した直後、ケベック州のモスクが銃撃され、6人が死亡した。イスラム系移民の流入を嫌う跳ねっ返りの犯行とみられている。オランド仏大統領やメルケル独首相もトランプとの電話会談で強硬な移民排斥を批判。各地で反イスラムの連中が行動を起こす可能性がある。

 軍事ジャーナリストの世良光弘氏は言う。

「カナダ東部のケベック州は国内で唯一、仏語を公式語に定めるほどフランス色の強い地域で、フランス世論の影響を受けやすい。フランスでは極右政党、国民戦線(FN)のルペン党首が4月に始まる大統領選で本命視されるほど、右傾化が進んでいます。トルドー首相の発言が引き金になり、欧州で多発する反移民テロが飛び火したとみていいでしょう。民族自決主義が高まるフランス、ドイツ、イタリア、オーストリアでは対立が深まり、こうした騒動が相次ぐ危険性が高まっています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る