日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

金正恩にはどんな未来が 歴史が語る“兄殺し権力者”の末路

 腹違いの兄・金正男を暗殺したとされる金正恩には、この先、どんな未来が待っているのだろうか。想像するに、まっとうな人生になるとは思えない。それは歴史が教えてくれている。

 まず兄の代わりに権力を手にした弟は、権力の座に長くいることが難しい。例えば武田勝頼だ。本来であれば信玄の後は嫡男の義信が継ぐはずだったが、義父・今川義元にくみして信玄に歯向かうようになり殺害される。代わって当主に納まった四男・勝頼は、側室の子だったこともあって武田家の家臣をまとめ切れなかった。結局、武田家は勝頼の代で滅亡している。

「兄を差し置いて弟が家督を継ぎ権力を握った場合、兄が完全に権力から離れるか、弟に隷属するかしなければ、うまくいきません。信長の兄は弟に完全に従うことで権力の近くにいられたし、上杉謙信の兄は弟に家督を譲って世捨て人になった。金正男氏も、権力から離れて自由に振る舞っていたようですが、“3代世襲はおかしい”と発言するなど、半端な態度も取っていた。それが権力を狙っていると疑われ、排除されてしまった可能性があります」(歴史作家の加来耕三氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事