金正男殺害の“主犯” 拠点の防犯カメラに2等書記官の姿

公開日:

 金正男の殺害事件に関連して、犯行グループが拠点にしていたとされるクアラルンプールのコンドミニアムの防犯カメラに、マレーシア警察が重要参考人として行方を追っている在マレーシア北朝鮮大使館のヒョン・クァンソン2等書記官(44)の姿が写っていたことが分かった。9日、地元メディアが報じた。

 ヒョンは殺害計画を立案し、事件を指揮したとされる人物。映像は昨年11月28日に撮影されたもので、コンドミニアム近くに止まった赤いナンバープレートの外交車両から、男が降りる様子が写っている。警察はこの男がヒョンだとしている。

 車の近くには2人の男が写っており、彼らは逃亡した北朝鮮籍の容疑者だという。地元メディアは、撮影時期から「殺害計画は事件の3カ月前から進められていた可能性がある」としている。

 ヒョンには外交官の不逮捕特権があり、現在はクアラルンプールの大使館内にいるものとみられている。

 マレーシア警察はヒョンの事情聴取を要請しているが、北朝鮮側は一切応じていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る