日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

最悪赤字45億円…窮地の大塚家具に漂う久美子社長“不信”

 家具大手ニトリHDの社員は、気持ちのいい春を迎えられそうだ。

 同社は16日、総合職社員のベアなど賃金改善は月額1644円になったと発表した。昨年の3538円から減少したとはいえ、ベアは14年連続。パート・アルバイトの時給は平均で27円30銭引き上げる。

 それも当然で、同社の17年2月期第3四半期の売上高は前年同期比13.2%増の3790億円、営業利益は28.3%増の702億円と、順調そのもの。15日には都内の池袋、銀座、目黒に3店舗を一斉オープンするなど、快進撃が続いている。社員も高笑いか。

 対照的なのが、大塚家具だ。創業者一族によるプロキシーファイトに発展した“お家騒動”から、はや2年。先月10日に発表された16年12月期決算の売上高は前期比20.2%減の463億円、最終損益は45億円の赤字と、過去最悪に。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事