森友問題で麻生財務相ブチ切れ 共産党議員に「偉そう」

公開日:  更新日:

 森友問題が主要議題となった24日の参院予算委員会で、麻生財務相が共産党議員の質問に対し「偉そう」とブチ切れ、議場が紛糾する場面があった。

 共産党の辰巳孝太郎議員は、同党が独自入手したとする森友学園の籠池理事長と自民党の鴻池参院議員の事務所の面談記録について確認を求めた。これに、麻生は「訳が分からないメモを取ったと偉そうに言っていた」と発言。野党席の議員が反発すると、「いつも人を指さして偉そうにしゃべってるじゃない。失礼だろ」とまくしたてた。最後は身内の山本一太委員長から、「答弁の表現には気を付けて」と注意される始末だった。

 鴻池は麻生派に所属している。森友問題で政権が追い込まれていることに苛立っているのだろうが、どっちが「偉そう」なんだか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る