森友問題で麻生財務相ブチ切れ 共産党議員に「偉そう」

公開日: 更新日:

 森友問題が主要議題となった24日の参院予算委員会で、麻生財務相が共産党議員の質問に対し「偉そう」とブチ切れ、議場が紛糾する場面があった。

 共産党の辰巳孝太郎議員は、同党が独自入手したとする森友学園の籠池理事長と自民党の鴻池参院議員の事務所の面談記録について確認を求めた。これに、麻生は「訳が分からないメモを取ったと偉そうに言っていた」と発言。野党席の議員が反発すると、「いつも人を指さして偉そうにしゃべってるじゃない。失礼だろ」とまくしたてた。最後は身内の山本一太委員長から、「答弁の表現には気を付けて」と注意される始末だった。

 鴻池は麻生派に所属している。森友問題で政権が追い込まれていることに苛立っているのだろうが、どっちが「偉そう」なんだか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  5. 5

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  6. 6

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  7. 7

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る