やはり東京五輪は“負の遺産”…都整備5施設が年11億円赤字

公開日: 更新日:

 やっぱり“負のレガシー”だ。2020年東京五輪で東京都が整備する6施設のうち、5施設が五輪後の年間収支が赤字になることが、都の試算で、29日明らかになった。

 黒字が見込まれるのはバレーボール会場の有明アリーナ(江東区)だけ。バレーボールのワールドカップ大会やコンサートなどを開催。年間140万人の来場で約3億6000万円の黒字になるという。

 そのほかの施設については、水泳のアクアティクスセンター(江東区)が年間6億4000万円の赤字、カヌー・スラローム会場(江戸川区)が同1億9000万円の赤字、海の森水上競技場(臨海部)が同1億6000万円の赤字など。5施設の年間の赤字総額は約11億円に上る見込みだ。

 この試算について、都は「民間のノウハウを生かした運営を目指す」として、ネーミングライツや広告収入で収益を増やすという。しかし、そもそも赤字になるような不人気の施設の命名権を買う企業があるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  6. 6

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  7. 7

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  8. 8

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  9. 9

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  10. 10

    元WBO世界王座・山中竜也さん おにぎり界の王者を目指す

もっと見る