• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

やはり東京五輪は“負の遺産”…都整備5施設が年11億円赤字

 やっぱり“負のレガシー”だ。2020年東京五輪で東京都が整備する6施設のうち、5施設が五輪後の年間収支が赤字になることが、都の試算で、29日明らかになった。

 黒字が見込まれるのはバレーボール会場の有明アリーナ(江東区)だけ。バレーボールのワールドカップ大会やコンサートなどを開催。年間140万人の来場で約3億6000万円の黒字になるという。

 そのほかの施設については、水泳のアクアティクスセンター(江東区)が年間6億4000万円の赤字、カヌー・スラローム会場(江戸川区)が同1億9000万円の赤字、海の森水上競技場(臨海部)が同1億6000万円の赤字など。5施設の年間の赤字総額は約11億円に上る見込みだ。

 この試算について、都は「民間のノウハウを生かした運営を目指す」として、ネーミングライツや広告収入で収益を増やすという。しかし、そもそも赤字になるような不人気の施設の命名権を買う企業があるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  3. 3

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  6. 6

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  7. 7

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  8. 8

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る