やはり東京五輪は“負の遺産”…都整備5施設が年11億円赤字

公開日: 更新日:

 やっぱり“負のレガシー”だ。2020年東京五輪で東京都が整備する6施設のうち、5施設が五輪後の年間収支が赤字になることが、都の試算で、29日明らかになった。

 黒字が見込まれるのはバレーボール会場の有明アリーナ(江東区)だけ。バレーボールのワールドカップ大会やコンサートなどを開催。年間140万人の来場で約3億6000万円の黒字になるという。

 そのほかの施設については、水泳のアクアティクスセンター(江東区)が年間6億4000万円の赤字、カヌー・スラローム会場(江戸川区)が同1億9000万円の赤字、海の森水上競技場(臨海部)が同1億6000万円の赤字など。5施設の年間の赤字総額は約11億円に上る見込みだ。

 この試算について、都は「民間のノウハウを生かした運営を目指す」として、ネーミングライツや広告収入で収益を増やすという。しかし、そもそも赤字になるような不人気の施設の命名権を買う企業があるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  2. 2

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  3. 3

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  4. 4

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

  5. 5

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  6. 6

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  7. 7

    NHK紅白“サプライズ”候補にあがる大物アーティストの名前

  8. 8

    チコちゃんに迫る?「突撃!カネオくん」田牧そらの人気

  9. 9

    “令和のみのもんた”と呼ばれ始め…坂上忍のギャラと不安

  10. 10

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る