五輪への選手派遣検討 MLBコミッショナー“心変わり”の裏

公開日:

「我々は聞く耳を持っているし、検討する余地はある」――。

 WBC1次ラウンド視察のため来日中のロブ・マンフレッド・コミッショナー(58)が五輪への選手派遣に協力的な姿勢を見せた。

 7日、都内で会見したマンフレッド氏は2020年の東京五輪での大リーガーの出場に関して、「オーナー側が(五輪会期中の8月の)シーズン中断に難色を示すはずだ」としながらも、MLBが五輪に非協力的だとする意見に真っ向から反論。同氏によれば、国際統括団体である世界野球・ソフトボール連盟(WBSC)からは正式な出場要請はもちろん、対戦方式など具体的な大会概要の報告すらないとか。「スケジュールも分からないのに、(MLBが協力しないという)話が独り歩きしている」と不快感をあらわにしたうえで、今後はオーナー側とも議論を重ね「柔軟に対応していきたい」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  5. 5

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  6. 6

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る