首相の日常も小出し…素の自分をさらけ出した著書の中身

公開日:

 首相夫人の著作というと、菅伸子さんや鳩山幸さんが思い浮かぶが、アッキーだって負けてはいない。“著作”を出版順に並べると――。

①「安倍昭恵の日本のおいしいものを届けたい!」(1300円 2013年10月、世界文化社)
②「どういう時に幸せを感じますか?」(1400円 2014年4月、WAC)
③「『私』を生きる」(1500円 2015年11月、海竜社)
④「ハンセン病 日本と世界 病い・差別・いきる」(2500円 2016年2月、工作舎)

 カラー写真が盛りだくさんの①は、自身が経営に参加する居酒屋「UZU」の宣伝本か。店で提供するメニューのレシピや“取り寄せ商品”のラインアップが中心で、農業についての自身の見解がほんの一部あるとはいえ、著作と呼ぶにはちとつらい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  10. 10

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

もっと見る