首相の日常も小出し…素の自分をさらけ出した著書の中身

公開日: 更新日:

 首相夫人の著作というと、菅伸子さんや鳩山幸さんが思い浮かぶが、アッキーだって負けてはいない。“著作”を出版順に並べると――。

①「安倍昭恵の日本のおいしいものを届けたい!」(1300円 2013年10月、世界文化社)
②「どういう時に幸せを感じますか?」(1400円 2014年4月、WAC)
③「『私』を生きる」(1500円 2015年11月、海竜社)
④「ハンセン病 日本と世界 病い・差別・いきる」(2500円 2016年2月、工作舎)

 カラー写真が盛りだくさんの①は、自身が経営に参加する居酒屋「UZU」の宣伝本か。店で提供するメニューのレシピや“取り寄せ商品”のラインアップが中心で、農業についての自身の見解がほんの一部あるとはいえ、著作と呼ぶにはちとつらい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  5. 5

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  6. 6

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  7. 7

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    世界中が注目!子猫を救出した消防士が“男泣き”したワケ

  10. 10

    ようやく初入閣…北村地方創生相の“髪型”に秘められた事情

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る