• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

首相の日常も小出し…素の自分をさらけ出した著書の中身

 首相夫人の著作というと、菅伸子さんや鳩山幸さんが思い浮かぶが、アッキーだって負けてはいない。“著作”を出版順に並べると――。

①「安倍昭恵の日本のおいしいものを届けたい!」(1300円 2013年10月、世界文化社)
②「どういう時に幸せを感じますか?」(1400円 2014年4月、WAC)
③「『私』を生きる」(1500円 2015年11月、海竜社)
④「ハンセン病 日本と世界 病い・差別・いきる」(2500円 2016年2月、工作舎)

 カラー写真が盛りだくさんの①は、自身が経営に参加する居酒屋「UZU」の宣伝本か。店で提供するメニューのレシピや“取り寄せ商品”のラインアップが中心で、農業についての自身の見解がほんの一部あるとはいえ、著作と呼ぶにはちとつらい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  2. 2

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  9. 9

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る