地元医師会が猛反発 都立病院長が同エリアに露骨な天下り

公開日: 更新日:

 天下りの蔓延は霞が関の専売特許ではない。東京都庁でも広く行われている。

 3月末に東京都を退職したばかりの都立病院の院長が、その目と鼻の先の新設民間病院の院長に再就職するというので、地元の医師会から疑問の声が上がっている。

 渦中の人物は、都立墨東病院(墨田区江東橋)の院長だった梅北信孝氏。佐賀県に本部のある一般医療法人「巨樹の会」が今年9月に江東区北砂に新設する「江東リハビリテーション病院」の院長に就任予定なのだが、都立墨東病院から2~3キロという至近距離にあるため、「公務員が利害関係先へ天下っていいのか」と、江東区医師会が激怒しているのだ。

「都立病院の院長が同じエリアの民間病院に天下るなんて、過去に聞いたことありませんよ。患者をごっそり持っていくつもりなのでしょうか。露骨な利益誘導ではありませんか。増床許可のなかなか出ない東京の東部地域で、新設の江東リハビリテーション病院に200床もの許可が出たのも不思議です」(江東区医師会上層部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    あるか河井夫妻買収事件ダブル立件 検察は官邸に忖度せず

  3. 3

    サンキュータツオはなぜミルクボーイ優勝を的中できたのか

  4. 4

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

  5. 5

    昨年末から連日話題だが…キムタクは本当に人気があるのか

  6. 6

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  7. 7

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

  8. 8

    ヤクザがやっている「他人の風下に立たない」心理術の極意

  9. 9

    「海老蔵」名義最後の本公演…秋元康の台本がひど過ぎる

  10. 10

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る