明治安田に聞く “天下り顧問”月2勤で年収1000万円の論理

公開日:

 文科省の組織的な天下りあっせん問題で、衆院予算委に参考人招致された人事課OBの嶋貫和男氏(67)。仲介役だった彼の再就職先での厚遇ぶりには驚いた。2009年7月の退職翌日には財団法人「教職員生涯福祉財団」の審議役、都内の保険代理店「第一成和事務所」の顧問に同時に就任。財団から年700万円、第一成和から年500万円程度の報酬を得ていた。

 さらに財団からスライドする形で14年1月、明治安田生命保険の顧問に納まる。

 予算委で顧問報酬について「月2日勤務で(年収)1000万円か」と問われた嶋貫氏が、「社に出向く回数は基本的にそう」「金額はその通り」などと応じると、議場からは「おおっ」とどよめきが起きた。

 なぜ高額報酬を支払ってまで嶋貫氏を雇い入れたのか。明治安田の広報部に聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  5. 5

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  6. 6

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  7. 7

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る