日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

明治安田に聞く “天下り顧問”月2勤で年収1000万円の論理

 文科省の組織的な天下りあっせん問題で、衆院予算委に参考人招致された人事課OBの嶋貫和男氏(67)。仲介役だった彼の再就職先での厚遇ぶりには驚いた。2009年7月の退職翌日には財団法人「教職員生涯福祉財団」の審議役、都内の保険代理店「第一成和事務所」の顧問に同時に就任。財団から年700万円、第一成和から年500万円程度の報酬を得ていた。

 さらに財団からスライドする形で14年1月、明治安田生命保険の顧問に納まる。

 予算委で顧問報酬について「月2日勤務で(年収)1000万円か」と問われた嶋貫氏が、「社に出向く回数は基本的にそう」「金額はその通り」などと応じると、議場からは「おおっ」とどよめきが起きた。

 なぜ高額報酬を支払ってまで嶋貫氏を雇い入れたのか。明治安田の広報部に聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事