• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日経平均2万3900円爆上げ予想も 5月こそ買いたい35銘柄

 ゴールデンウイーク(GW)明けに投資のビッグチャンスがやってくる! トランプ大統領のハネムーン期間(就任から100日)が終わり、5月は停滞ムードに包まれるという見方も流れるが、決してそんなことはない。

「イケイケ相場が出現しますよ。セル・イン・メイ(株は5月に売れ)という相場格言は“5月は波乱が多いので株を売って市場から距離を置け”という意味ではありません。“5月はほぼ株高だから保有株を売って利益を確定させろ”という意味です。今年は5月以降、株は上昇していくという読みが主流。だから今年はバイ・イン・メイ(5月は買い)です」(市場関係者)

 米ゴールドマン・サックス証券は4月中旬のリポートで、10月に日経平均は1万9400円まで上昇すると予想した。

「もっと強気でいいと思います。GW明けから、企業の17年3月期決算発表が本格化し、今期(18年3月期)予想も出てきます。為替相場にもよりますが、現状では2ケタ増益が続出するといわれるので、日経平均は5月下旬ごろ2万円にタッチする可能性があります」(IMSアセットマネジメント代表の清水秀和氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事