負債13億円で破産 “500円ピザ”の代表が見誤った経営戦略

公開日: 更新日:

 生後数カ月で横浜市の寺に拾われ、中学時代は伊セリエAに在籍。日本で外食ピザチェーンを展開して大当たり――。こんな波瀾万丈の経歴を持つ遠藤優介氏(34)が率いる遠藤商事が、東京地裁から破産開始決定を受けた。

 遠藤氏は2011年に吉祥寺でイタリア料理店「ナポリス」をオープンさせるや、ワンコイン(500円)で食べられるピザが話題になり、破竹の快進撃。「ナポリ」「バルタ」「餃子の山」など姉妹店を次々にオープンし、16年9月時点で直営店27店、フランチャイズ(FC)47店の計74店舗まで拡大させた。同期の売上高は25億2600万円だったが、年末から取引先への支払いに支障を来す事態に陥っていた。負債総額は13億円だ。

「かなり無理をして拡大したようです」と分析するのは外食ジャーナリストの中村芳平氏だ。

「私も一度だけピザを食べましたが、ペラペラした感じで、冷凍ピザと変わらないなぁと思いました。この種の安い店はどうしても『安かろう、まずかろう』になりがちで、お客さんは『一度食べれば十分』と足が遠のきやすい。途中で値上げしてでもグレードの高い食材を使い、味で顧客満足を図るよう方向転換するべきでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  5. 5

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る