日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

長期金利1%上昇で23兆円含み損 日銀“債務超過”の現実味

 日銀の黒田東彦総裁が久しぶりに市場の関心を呼んでいる。10日の衆院財務金融委員会で、民進党の前原誠司氏の質問に答える形で、「長期金利が1%上昇したら、日銀が保有する国債の評価損が23兆円程度に達する」と明かしたのだ。

 日銀は17年3月末時点で、国債を約370兆円保有。発行残高の40%強に相当する。

「あそこまでハッキリ言うとは驚きでした。ただ黒田総裁は、日銀は償却原価法を採用しているので、評価損は決算に影響しないと話しています。とはいえ、23兆円の含み損は無視できない巨額さです」(市場関係者)

 長期金利が2%上昇したら、日銀の含み損は単純計算で倍の46兆円になる。

「資産が激しく目減りすることになるので、日銀は大幅な実質債務超過に陥ります」(ニッセイ基礎研究所シニアエコノミストの上野剛志氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事