安倍政権また失言 林幹事長代理「脳梗塞ではありません」

公開日:

 安倍政権の要職がまた失言だ。やらかしたのは、前経産相の林幹雄幹事長代理(70)である。

 4月29日、千葉・香取市の「佐原の山車行事」がユネスコ世界無形文化遺産に登録されたことを祝うイベントで、林氏は挨拶に登壇。「今、歯の治療中でございまして、お聞き苦しいところがあろうかと思いますけれども、ご容赦をいただきたいと存じます」と声のかすれの原因を説明した上で、「決して脳梗塞ではありません」と得意顔で会場の笑いを誘ったのだ。

 脳梗塞患者への配慮に欠けた発言に、地元では「なんでお祝いの場であんなことを言うのか」(関係者)という声が上がっている。この時の様子は動画サイトにバッチリ残っている。

 林氏は経産相時代、トンチンカンな答弁で国会を空転させていた。原発政策について、野党議員に「勉強不足の自覚はあるか」と問われると、「ございます」とあっさり認めた。NHK「日曜討論」では福島原発の「汚染水」を「汚水せん」と何度も言い間違え。大臣どころか国会議員としての資質にさえ疑問符が付いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る