津波で大損壊も…吉野復興相が住み続ける築47年ボロ屋敷

公開日:

 これが大臣のすみかなのか……。「東日本大震災は東北でよかった」発言で辞任した今村雅弘前大臣の後任に福島県いわき市出身の吉野正芳衆院議員(68)が復興相に就いてから2週間。就任会見では「自宅が津波の被害を受け、大規模半壊です」と自身も被災者であることを強調していたが、実際に自宅を訪れると、驚いた。6年前の震災で「大規模半壊」と認定された当時のまま。言葉は悪いが、オンボロなのだ。

 東京からJR常磐線、特急「ひたち」に乗り約2時間。最寄りのJR「植田」駅から車で南東に向かって5分ほど、国道6号の高架下をくぐると、大臣の自宅が現れる。

 太平洋に流れる「鮫川」と「渋川」の両河口に挟まれた木造2階建ては登記簿によると、築47年。伸び放題の庭木に囲まれ、軒先の雨どいも所々、外れている。よく見ると、建物自体が若干、傾いているようだ。近隣住民が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る