日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大荒れ蓮舫代表会見 民進が連合会長“批判質問”に過剰反応

 13日の民進党・蓮舫代表の定例会見は大荒れだった。発端は司会役を務めた芝博一幹事長代理がフリー記者の質問の一部をとがめたこと。残業代ゼロ法案の反対姿勢から一転、容認に回った連合の神津会長について、こう質問したのだ。

「国会内での闘争を後ろから鉄砲を撃つようなもの。連合発足以来、最低最悪の会長だ。代表はどうみるか」

 蓮舫代表は当たり障りのない回答に終始したが、芝氏が横やりを入れて「会見の場にふさわしくない発言があった。ここは議事録から抹消する」と一方的に表明。記者が反発し、一時収拾がつかなくなったのだ。

 ただ、会見は毎回ネット配信しており、質問はそのまま流れた。そもそも「議事録」が何を指すのかも不明だが、芝氏の宣言は民進党最大の支持団体におもねった過剰反応だろう。今やサラリーマンの敵となった連合会長に、そこまで気を使う必要があるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事