大荒れ蓮舫代表会見 民進が連合会長“批判質問”に過剰反応

公開日:

 13日の民進党・蓮舫代表の定例会見は大荒れだった。発端は司会役を務めた芝博一幹事長代理がフリー記者の質問の一部をとがめたこと。残業代ゼロ法案の反対姿勢から一転、容認に回った連合の神津会長について、こう質問したのだ。

「国会内での闘争を後ろから鉄砲を撃つようなもの。連合発足以来、最低最悪の会長だ。代表はどうみるか」

 蓮舫代表は当たり障りのない回答に終始したが、芝氏が横やりを入れて「会見の場にふさわしくない発言があった。ここは議事録から抹消する」と一方的に表明。記者が反発し、一時収拾がつかなくなったのだ。

 ただ、会見は毎回ネット配信しており、質問はそのまま流れた。そもそも「議事録」が何を指すのかも不明だが、芝氏の宣言は民進党最大の支持団体におもねった過剰反応だろう。今やサラリーマンの敵となった連合会長に、そこまで気を使う必要があるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る