• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

民進党内で飛び交う 細野豪志は「小池新党」に参加するか

 都議選で圧勝した小池百合子。政党助成金を受け取るために年内に国政政党「国民ファースト」を結成する可能性が高い。国会議員5人が集まれば政党として認められる。すでに新党のメンバーとして若狭勝、渡辺喜美、長島昭久、松沢成文の4氏の名前が挙がっている。あと1人は誰か――。意外なことに民進党の細野豪志氏の名前が取り沙汰されている。民進党は「小池新党に行ってしまうのではないか」と警戒しはじめている。

 細野氏の名前が浮上しているのは、党内で完全に居場所を失っているからだ。昨年の代表選で蓮舫氏を支持した細野氏は代表代行に就任。ところが、4月に突然、代表代行を辞任してしまった。6月に行われた地元の静岡県知事選に出馬するためだとみられていたが結局、出馬セズ。あまりにも自分勝手な行動に、党内のひんしゅくを買い、率いていた派閥「自誓会」も事実上、崩壊してしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  8. 8

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

もっと見る