民進党内で飛び交う 細野豪志は「小池新党」に参加するか

公開日: 更新日:

 都議選で圧勝した小池百合子。政党助成金を受け取るために年内に国政政党「国民ファースト」を結成する可能性が高い。国会議員5人が集まれば政党として認められる。すでに新党のメンバーとして若狭勝、渡辺喜美、長島昭久、松沢成文の4氏の名前が挙がっている。あと1人は誰か――。意外なことに民進党の細野豪志氏の名前が取り沙汰されている。民進党は「小池新党に行ってしまうのではないか」と警戒しはじめている。

 細野氏の名前が浮上しているのは、党内で完全に居場所を失っているからだ。昨年の代表選で蓮舫氏を支持した細野氏は代表代行に就任。ところが、4月に突然、代表代行を辞任してしまった。6月に行われた地元の静岡県知事選に出馬するためだとみられていたが結局、出馬セズ。あまりにも自分勝手な行動に、党内のひんしゅくを買い、率いていた派閥「自誓会」も事実上、崩壊してしまった。

「どうやら細野さんは、自民党入りを考えているようなのです。地元の大企業、スズキ自動車の鈴木会長に自民党へ移ることを勧められている、という話も流れています。だから、県知事選への出馬説が流れた時も、いったん知事になって民進党を離れ、知事を1期務めた後、自民党に移籍するつもりだろうと疑われた。いくらなんでも民進党から直接、自民党へは移りづらいですからね。あの時、民進党幹部は“あいつは政党ロンダリングをするつもりだ”とカンカンになっていた。小池新党への参加が疑われているのも、同じ理屈です」(民進党関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

  2. 2
    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

  3. 3
    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

  4. 4
    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

  5. 5
    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

  1. 6
    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

  2. 7
    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

  3. 8
    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

  4. 9
    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

  5. 10
    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ