民進党内で飛び交う 細野豪志は「小池新党」に参加するか

公開日: 更新日:

 都議選で圧勝した小池百合子。政党助成金を受け取るために年内に国政政党「国民ファースト」を結成する可能性が高い。国会議員5人が集まれば政党として認められる。すでに新党のメンバーとして若狭勝、渡辺喜美、長島昭久、松沢成文の4氏の名前が挙がっている。あと1人は誰か――。意外なことに民進党の細野豪志氏の名前が取り沙汰されている。民進党は「小池新党に行ってしまうのではないか」と警戒しはじめている。

 細野氏の名前が浮上しているのは、党内で完全に居場所を失っているからだ。昨年の代表選で蓮舫氏を支持した細野氏は代表代行に就任。ところが、4月に突然、代表代行を辞任してしまった。6月に行われた地元の静岡県知事選に出馬するためだとみられていたが結局、出馬セズ。あまりにも自分勝手な行動に、党内のひんしゅくを買い、率いていた派閥「自誓会」も事実上、崩壊してしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  5. 5

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  6. 6

    綾瀬はるか“新・視聴率の女王”確実も…恋愛成就を危ぶむ声

  7. 7

    自公議員が銀座でハシゴ酒…芸能人は“音沙汰なし”のナゼ

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  10. 10

    羽生と決別か…オーサー氏が中国人選手の指導に熱心な理由

もっと見る