ふくおかFGと十八銀の統合に待った 公取が地銀を滅ぼす

公開日:

 再編で生き残りを探る地方銀行には衝撃だ――。地銀大手のふくおかFGと長崎県が地盤の十八銀行は、10月に予定していた経営統合を無期限に延期する方針を固めた。統合すれば7割を超える長崎県内の融資シェアについて、公正取引委員会が難色を示していて、審査が通るメドが立っていないためだ。今回の公取の強い姿勢は、地銀再編を減速させ、展開次第では地銀が消滅することにもなりかねない。

 麻生太郎金融相は21日の閣議後の会見で「期限を切らないイコール(可能性が)ゼロではない」と統合の可能性を示唆したが、東京商工リサーチ情報本部長の友田信男氏は「もともと今年4月の統合を目指していましたが、1月に半年延期し、今回は無期延期です。よっぽどのウルトラCがないと統合は難しくなった。事実上の“白紙撤回”です」と言う。

 全国14都府県は地銀が3行以上もある。低金利や人口減で厳しい経営環境の中、統合や再編に“活路”を見いだす地銀も少なくない。金融庁も森信親長官を先頭に地銀再編を推し進めてきたが、公取の思わぬブレーキ。地銀はどうなっていくのか。金融ジャーナリストの小林佳樹氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る