ソフトバンク孫社長101億円 配当金“株長者20人”の顔ぶれ

公開日:

 “株長者の経営者”が株式市場で話題に上っている。

「保有株(自社株)で巨額な配当金を手にした企業の社長や会長は結構いるのです。今年は100億円を超す配当金を得た経営者が出ました。うらやましい限りです」(市場関係者)

 少し前に、市場は上場企業の高額役員報酬に騒いだが、今度は配当金長者にスポットが当たっている。“1億円プレーヤー”の常連であるカルロス・ゴーン日産自動車社長の役員報酬は10億9800万円、同じくソニーの平井一夫社長は9億1400万円だった。一般サラリーマンから見れば途方もない金額だが、配当金長者はスケールが違う。

■役員報酬は少なめでも……

「創業者の場合、役員報酬を低く設定している人が大勢います。理由は簡単です。配当金が膨大だからです」(株式評論家の倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る