ソフトバンク孫社長101億円 配当金“株長者20人”の顔ぶれ

公開日: 更新日:

 “株長者の経営者”が株式市場で話題に上っている。

「保有株(自社株)で巨額な配当金を手にした企業の社長や会長は結構いるのです。今年は100億円を超す配当金を得た経営者が出ました。うらやましい限りです」(市場関係者)

 少し前に、市場は上場企業の高額役員報酬に騒いだが、今度は配当金長者にスポットが当たっている。“1億円プレーヤー”の常連であるカルロス・ゴーン日産自動車社長の役員報酬は10億9800万円、同じくソニーの平井一夫社長は9億1400万円だった。一般サラリーマンから見れば途方もない金額だが、配当金長者はスケールが違う。

■役員報酬は少なめでも……

「創業者の場合、役員報酬を低く設定している人が大勢います。理由は簡単です。配当金が膨大だからです」(株式評論家の倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  6. 6

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  7. 7

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  8. 8

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

  9. 9

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  10. 10

    美女ドライバーを違反切符で口説こうとした警察官は誰だ?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る