• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「動かぬ株価」が暗示する 盆休みの暴落リスクと急騰期待

 盆休みを前に、株式市場は不穏なムードに包まれている。

 日経平均は今年6月以降、動きがゆるやかで、7月は高値と安値の差はわずか344円だった。

「この値幅は正確な記録のある1987年以降で、最も少ない値動きです。不気味な静けさを感じます」(市場関係者)

 8月に入っても値動きは小幅で、8日の終値は前日比59円安の1万9996円と、2万円前後に張り付いたままだ。珍しい記録も生まれている。

「日経平均の1日の騰落率が1%未満という日が続いています。8日時点で46日となり、89年の43日を抜き、新記録を更新中なのです。現在の膠着相場はマグマをためている状態なので、いずれ爆発します。問題は上下どちらに振れるかでしょう」(株式アナリストの櫻井英明氏)


 タイミングは最悪という指摘がある。来週は盆休みで、市場参加者が極端に減少する。その隙を突いてヘッジファンドが仕掛けてくる危険性があるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る