党首討論は目くらまし 大政翼賛会選挙に加担の大マスコミ

公開日:

 10日公示された総選挙の結果によって、「戦後日本」が最大の曲がり角に直面するのは間違いない。

 安倍首相と希望の党の小池代表、独裁的なペテン師2人が断罪されない限り、選挙後に現れるのは「自民・公明・希望・維新」による巨大な保守連合であり、安保・外交における「野党」の完全消滅である。つまり、この国の民主主義は瀕死の瀬戸際に立たされているのだが、そんなことを知ってか知らずか、大マスコミは能天気だ。

 大新聞は9日も、日本記者クラブ主催の党首討論会を詳報。消費増税や原発政策など各党が掲げる公約の比較に明け暮れているが、実にくだらない。この選挙には政策ウンヌン以前の「大謀略」が横たわっている。なぜ、その真相を1行も書かないのか。奇々怪々である。

 テレビ各局がこぞってあおる「安倍VS小池」の構図もデタラメだ。いまだ首相指名候補を明言しない小池の発言のうち最も重要なのは、7日のネット党首討論で飛び出した次の言葉だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  7. 7

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

もっと見る