メディアが報じなかった「平成の取り付け騒ぎ」の真相

公開日: 更新日:
閉店の案内の幕が張り出された徳陽シティ銀行本店(C)共同通信社

 1997年11月26日早朝、大蔵省は記者会見を開き、「徳陽シティ銀行(仙台拠点の地銀)が不良債権を抱えて経営破綻した」と発表した。営業権は地元の仙台銀行に譲渡することとなった。山一証券の自主廃業が報じられた4日後のことである。

 このニュースが列島…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事