反日感情考慮 平昌五輪はメダルでも選手の“歓喜”見られず

公開日: 更新日:

 2月9日開幕の平昌五輪で、日本勢の笑顔は見られそうにない。

 各競技団体とも代表選手に対し、試合後や表彰式で喜びを爆発させたり、派手なパフォーマンスを控えるよう指導しているからだ。

 韓国国内の反日感情を考慮したもので、下手に現地の人を刺激してトラブルに巻き込まれるのを回避するためだ。

 五輪期間中は選手村、試合会場はもちろん、平昌市内は厳重な警備態勢が敷かれる。日本選手団が危険にさらされるとは考えにくいが、リスクは極力、回避するに越したことはない。

 実際、過去に中国、韓国で行われたアジア大会、ユース五輪では、日本選手団に同様の注意喚起がなされた。最近のケースでは2014年の中国・南京でのユース五輪だ。中国で最も反日感情が根強いとされる南京市での開催だけに、現地で選手団はさまざまな制約を課された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  2. 2

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  3. 3

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  4. 4

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  5. 5

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  6. 6

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  7. 7

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  8. 8

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  9. 9

    キムタクが配る豪華“自腹プレ”にTBSスタッフがソワソワ

  10. 10

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る