ロシア疑惑 トランプ元側近のバノン氏を特別検察官が聴取

公開日:

 司直の手は確実にトランプ大統領に迫っているようだ。トランプ政権を巡るロシア疑惑の捜査を進めているモラー特別検察官が今週、トランプの元側近で首席戦略官兼上級顧問を務めたスティーブ・バノン氏を事情聴取したことが分かった。米NBCテレビが15日、報じた。

 報道によると、聴取は数日間にわたって計約20時間行われたという。

 バノンを巡っては先月、ロシア疑惑を調査している下院情報委員会で非公開の聴取に応じたほか、モラー特別検察官が大陪審での証言を求める召喚状を送っていたことも明らかになっている。

 バノンは、2016年8月に選対トップとしてトランプ陣営に加わり、「米国第一主義」を前面に打ち出して大統領選の勝利に貢献。一時は「陰の大統領」と呼ばれるほどの影響力を持っていたとされるが、政権の内紛で昨年8月に首席戦略官兼上級顧問を辞任した。

 ジャーナリストのマイケル・ウルフ氏が記したトランプ政権の暴露本「炎と怒り」に登場したバノンは、大統領選中にロシア人弁護士と面会したトランプの長男らを「反逆的」と非難していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る