• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヘンリー婚礼にトランプ呼ばれず? 英王室の“招待ルール”

 トランプ米大統領は英王室でも爪はじき者なのか。

 ヘンリー英王子と米女優メーガン・マークル氏の婚礼をめぐるトランプの発言が波紋を広げている。5月19日(現地時間)にロンドン近郊のウィンザー城で執り行われる結婚式にトランプはお呼びがかかっていないらしい。英民放テレビのインタビューで招待の有無を問われ、「私の知る限りそうではない」と遠回しに否定したのだ。

 英王室に詳しいジャーナリストの多賀幹子氏はこう言う。

「女性蔑視や人種差別発言を繰り返すトランプ大統領を王室は冷ややかな目で見ていますし、市民感情も非常に悪い。2月に予定していた訪英をトランプ大統領がキャンセルしたのは抗議デモを懸念したからのようです」

■新郎新婦はオバマ夫妻の参列熱望

 英王室の婚礼は国民的イベントだ。ヘンリー王子の両親であるチャールズ皇太子と故ダイアナ妃の1981年の結婚式は約3500人が招かれ、歴史的につながりが深い欧州の王室関係者や皇太子時代の天皇と美智子皇后、ナンシー・レーガン大統領夫人(当時)など各国の著名人が参列した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

もっと見る