ヘンリー婚礼にトランプ呼ばれず? 英王室の“招待ルール”

公開日:

 トランプ米大統領は英王室でも爪はじき者なのか。

 ヘンリー英王子と米女優メーガン・マークル氏の婚礼をめぐるトランプの発言が波紋を広げている。5月19日(現地時間)にロンドン近郊のウィンザー城で執り行われる結婚式にトランプはお呼びがかかっていないらしい。英民放テレビのインタビューで招待の有無を問われ、「私の知る限りそうではない」と遠回しに否定したのだ。

 英王室に詳しいジャーナリストの多賀幹子氏はこう言う。

「女性蔑視や人種差別発言を繰り返すトランプ大統領を王室は冷ややかな目で見ていますし、市民感情も非常に悪い。2月に予定していた訪英をトランプ大統領がキャンセルしたのは抗議デモを懸念したからのようです」

■新郎新婦はオバマ夫妻の参列熱望

 英王室の婚礼は国民的イベントだ。ヘンリー王子の両親であるチャールズ皇太子と故ダイアナ妃の1981年の結婚式は約3500人が招かれ、歴史的につながりが深い欧州の王室関係者や皇太子時代の天皇と美智子皇后、ナンシー・レーガン大統領夫人(当時)など各国の著名人が参列した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

もっと見る