• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

GSリポートにヒント “買い転換”海外勢狙う日本株の共通項

投稿日:

 兜町に活気が戻りつつある。日経平均は19日まで3日続伸、終値は2万2149円。この間に1000円近く値を上げた。

「NYダウも16日まで6日続伸と反発しました。市場は落ち着きを取り戻したといえるでしょう。平昌五輪で日本選手が金メダルを連続で獲得したことも、相場を明るくしています。日本株の反騰が始まるとみています」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 実は、ここへきて市場で話題になっている銘柄群がある。米ゴールドマン・サックス(GS)が先週まとめた「株価急落から1週間:今、日本株で何を保有すべきか?」というリポートに登場する銘柄だ。

 リポートは「安定成長銘柄」「円高恩恵銘柄」など、テーマごとに関連株をピックアップしているが、市場の関心を最も集めたのは「海外投資家の保有が集中していない」銘柄だ。裏返せば、今後、海外勢が大量買いに動く可能性のある株ということになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  10. 10

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

もっと見る