櫻井パパは電通へ “時代の恩恵”受ける総務省の天下り事情

公開日:  更新日:

 嵐の櫻井翔のパパで元総務事務次官の櫻井俊氏が、今年1月1日付で電通の執行役員に就任して話題になった。

 櫻井氏は東大法学部を卒業後、旧郵政省に入省。“電波行政”にも関わってきた。現在は法令順守の徹底など内部統制機能の強化が担当というが、広告代理店は、テレビ局と持ちつ持たれつの関係にある。電波に詳しい人物を受け入れるメリットは大きいのだろう。いずれは取締役に昇格するとみられている。

 同社の取締役の報酬は平均3245万円(監査等委員を除く)。第二の人生でも、こんなにもらえるとすれば、うらやましい限りだ。

「昔から旧郵政省は多くの天下り先を持っていました。郵便や電話に関連する仕事は全国にあったし、通信の分野はネットの普及などで拡大してきています」(政治評論家・有馬晴海氏)

 そんな時代背景もあり、天下りにも苦労しない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

もっと見る