櫻井パパは電通へ “時代の恩恵”受ける総務省の天下り事情

公開日: 更新日:

 嵐の櫻井翔のパパで元総務事務次官の櫻井俊氏が、今年1月1日付で電通の執行役員に就任して話題になった。

 櫻井氏は東大法学部を卒業後、旧郵政省に入省。“電波行政”にも関わってきた。現在は法令順守の徹底など内部統制機能の強化が担当というが、広告代理店は、テレビ局と持ちつ持たれつの関係にある。電波に詳しい人物を受け入れるメリットは大きいのだろう。いずれは取締役に昇格するとみられている。

 同社の取締役の報酬は平均3245万円(監査等委員を除く)。第二の人生でも、こんなにもらえるとすれば、うらやましい限りだ。

「昔から旧郵政省は多くの天下り先を持っていました。郵便や電話に関連する仕事は全国にあったし、通信の分野はネットの普及などで拡大してきています」(政治評論家・有馬晴海氏)

 そんな時代背景もあり、天下りにも苦労しない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  8. 8

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  9. 9

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  10. 10

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

もっと見る