再就職先で好待遇 知られざる高級官僚たちの天下りライフ

公開日: 更新日:

 国税庁長官の職に上り詰め、これからバラ色の天下り人生を歩むはずだった佐川宣寿氏(60)――。一転、公文書偽造罪(1年以上10年以下の懲役)での起訴もあり得る状況で、刑務所暮らしの可能性も出てきた。

 では、佐川氏の逸失利益はどれくらいに上るのか?

 入省年次で佐川氏の4年先輩に当たる真砂靖氏(63=元財務事務次官)は現在、読売新聞西部本社監査役、日本テレビホールディングスと日本テレビ放送網の社外取締役、さらに読売新聞大阪本社社外監査役、三井不動産監査役(非常勤)、三井住友アセットマネジメント社外監査役の6つの役職をかけ持つ。猫の手も借りたいほど多忙の毎日だろうが、実は監査役などの仕事は月1回ペースが通例。「ヒマでヒマで……」というボヤキの声も聞こえてくる。それでいて報酬はなかなかのものだ。

「有価証券報告書によると、三井不動産の社外役員の平均報酬は1087万円。監査役室の部下が業務を補助します。さらに日本テレビホールディングス社外取締役の平均報酬は1425万円になります」(ジャーナリスト・中森勇人氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  3. 3

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  4. 4

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  5. 5

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  8. 8

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  9. 9

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  10. 10

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

もっと見る