• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

改ざん、隠蔽…行政の不正続発の背景に“政府の活動の質”

情報をコントロール下に置きたいから「記録がない」

  ――財務省の改ざん前文書は森友学園との交渉の経緯が詳しく書かれていました。改ざんが表面化し、大騒ぎになったことで、今後は詳細に書き込まなくなりませんか。

 決裁文書の調書や法律相談書などを見ると、森友学園は相当タフな相手です。交渉担当レベルで言えば、自分たちの理解や判断を超えたものがあったのかなと想像できる。だからこそ、調書に経緯をちゃんと残しておいた。自分たちのリスクヘッジとして残したと思われます。

 ところが、逆に残しておいたことが、もっと大きなリスクになってしまった。この先、身を守るために記録を残すという原則が通用しなくなる恐れがあります。「記録を残していくことはリスクだ」「残しても行政文書でなく個人レベルのものにしよう」という悪い教訓になりかねません。

  ――どうすればいいでしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る