改ざん、隠蔽…行政の不正続発の背景に“政府の活動の質”

公開日: 更新日:

情報をコントロール下に置きたいから「記録がない」

  ――財務省の改ざん前文書は森友学園との交渉の経緯が詳しく書かれていました。改ざんが表面化し、大騒ぎになったことで、今後は詳細に書き込まなくなりませんか。

 決裁文書の調書や法律相談書などを見ると、森友学園は相当タフな相手です。交渉担当レベルで言えば、自分たちの理解や判断を超えたものがあったのかなと想像できる。だからこそ、調書に経緯をちゃんと残しておいた。自分たちのリスクヘッジとして残したと思われます。

 ところが、逆に残しておいたことが、もっと大きなリスクになってしまった。この先、身を守るために記録を残すという原則が通用しなくなる恐れがあります。「記録を残していくことはリスクだ」「残しても行政文書でなく個人レベルのものにしよう」という悪い教訓になりかねません。

  ――どうすればいいでしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  2. 2

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

  9. 9

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  10. 10

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

もっと見る