近藤大介
著者のコラム一覧
近藤大介「週刊現代」編集次長

東大卒、国際情報学修士。講談社で中国を中心に取材を続け、現在「週刊現代」編集次長。明大講師も務める。新著に「未来の中国年表」。著書多数。

米中貿易戦争で“戦う鶴”が鼓舞「銀河号の屈辱を忘れるな」

公開日:

 日本では、「鶴」というと平和の象徴のようなイメージがあるが、中国ではいま、「戦う鶴」に熱い視線が集まっている。劉鶴経済担当副首相のことだ。先週3日と4日、訪中した米国のムニューシン財務長官&ライトハイザー通商代表と、北京で激しい「舌戦」を繰り広げた。

 中国の経済官僚が明かす。

「彼らはまるで『相声』(漫才)のボケと突っ込みのように、全8章に分かれたドラフト(草案)を振りかざし、中国側を責め立てた。8章とは、貿易赤字削減、米国の技術と知的財産の防衛、敏感な技術への投資抑制、中国への投資、関税と非関税障壁、サービスおよびサービス供給、農産品、履行だ。ネクラなムニューシンがボソボソと切り出し、短気なライトハイザーが舌鋒鋭く吠え立てたのだ。だが、カウンターパートの劉鶴新副首相は、一歩もひるまず応対した。それは主に3つの理由による。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る