また裁量労働で過労死 首相ゴリ押し「高プロ制」の危うさ

公開日: 更新日:

 また「裁量労働制」を適用されていたサラリーマンが、長時間労働によって過労死してしまった。不動産関連のIT会社「レックアイ」(東京都豊島区)に勤めていた28歳の男性社員が昨年8月、くも膜下出血で死亡し、今年4月、池袋労働基準監督署が労災認定していたことが分かった。16日、遺族側代理人である川人博弁護士が明らかにした。

 男性は2013年に入社。昨年7月、チームリーダーに昇格した時「裁量労働制」が適用された。翌8月、自宅のアパートで死亡しているのを発見されている。「裁量労働制」は、実際に働いた時間と関係なく、労使間で「これだけ働く」とあらかじめ決めて“裁量職務手当”を受け取る制度だ。

「裁量労働制」をめぐっては、野村不動産の50代の男性社員が過労自殺していたことが3月に発覚している。長時間労働につながると批判が集中している制度だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事