内田監督に警察の動きは…日大ワンマン理事長体制も窮地に

公開日: 更新日:

 日大アメフト部のタックル問題で“加害者”の宮川泰介選手(20)が会見を開き、真相解明に大きく近づいた。はたして内田正人監督(62)と井上奨コーチ(30)に司直の手は伸びるのか。内田監督を重用してきた大学幹部にも騒動の余波が及ぶ可能性が出ている。

 宮川選手の会見でハッキリしたのが内田監督と井上コーチの関与だ。宮川選手は試合前日、井上コーチから内田監督の意向として「相手のQBの選手をワンプレー目でつぶせば試合に出してやる」と言われ、「できませんでしたじゃ、すまされないぞ。わかってるな」と念押しされたとしている。さらに内田監督から「やらなきゃ意味ないよ」と言われたことも明かした。監督だけでなくコーチもグルだったことになる。

 ケガを負った関西学院大の選手の父親はすでに警察に被害届を提出し、宮川選手の会見を受けて「刑事告訴も検討せざるを得ない状況だ」とのコメントを出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  6. 6

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  7. 7

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  8. 8

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る