内田監督に警察の動きは…日大ワンマン理事長体制も窮地に

公開日: 更新日:

 日大アメフト部のタックル問題で“加害者”の宮川泰介選手(20)が会見を開き、真相解明に大きく近づいた。はたして内田正人監督(62)と井上奨コーチ(30)に司直の手は伸びるのか。内田監督を重用してきた大学幹部にも騒動の余波が及ぶ可能性が出ている。

 宮川選手の会見でハッキリしたのが内田監督と井上コーチの関与だ。宮川選手は試合前日、井上コーチから内田監督の意向として「相手のQBの選手をワンプレー目でつぶせば試合に出してやる」と言われ、「できませんでしたじゃ、すまされないぞ。わかってるな」と念押しされたとしている。さらに内田監督から「やらなきゃ意味ないよ」と言われたことも明かした。監督だけでなくコーチもグルだったことになる。

 ケガを負った関西学院大の選手の父親はすでに警察に被害届を提出し、宮川選手の会見を受けて「刑事告訴も検討せざるを得ない状況だ」とのコメントを出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る