集まる同情論 日大アメフト部タックル加害選手はどうなる

公開日: 更新日:

 22日、日本記者クラブで悪質タックル問題について謝罪会見をした日大アメフト部の宮川泰介選手(20)に同情の声が集まっている。

 宮川選手は、謝罪の意味をこめて、顔と氏名を公表。悪質な反則をしたことについて、監督やコーチの指示がありながらも「自分で判断できなかった弱さ」だと悔しさをにじませた。

 顔や氏名を公表して宮川選手自らが会見を開いた経緯や、競技から退くと決めたことについて、ネット上では、<怒りと同情で涙が出てきた><立派で潔い会見><20になったばかりでよくこういった公の舞台に立てるよね。ホントにすごい><堂々としていてほんとかっこよかった>――などの称賛や同情の声であふれかえった。

 日本のアメフト界を牽引し、本場アメリカのナショナル・フットボール・リーグ(NFL)に一番近い男と言われた栗原嵩選手も、自身のツイッターに、<彼は真実を話した。大人が逃げるな>と宮川選手を擁護するコメントをした。その一方、日大に対しては、<日大を潰せ!><この大学は学生のことを考えていない>などの批判がズラリと並んだ。

 今後、宮川選手はどうなるのか。退部にとどまらず、自主退学に追い込まれるのではないか、との見方もある。なにしろ、内田監督はアメフト部だけでなく、日大全体に絶大な力を持っている。

 もし大人のせいで若者の未来が絶たれるとしたら、許されない話だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る