集まる同情論 日大アメフト部タックル加害選手はどうなる

公開日: 更新日:

 22日、日本記者クラブで悪質タックル問題について謝罪会見をした日大アメフト部の宮川泰介選手(20)に同情の声が集まっている。

 宮川選手は、謝罪の意味をこめて、顔と氏名を公表。悪質な反則をしたことについて、監督やコーチの指示がありながらも「自分で判断できなかった弱さ」だと悔しさをにじませた。

 顔や氏名を公表して宮川選手自らが会見を開いた経緯や、競技から退くと決めたことについて、ネット上では、<怒りと同情で涙が出てきた><立派で潔い会見><20になったばかりでよくこういった公の舞台に立てるよね。ホントにすごい><堂々としていてほんとかっこよかった>――などの称賛や同情の声であふれかえった。

 日本のアメフト界を牽引し、本場アメリカのナショナル・フットボール・リーグ(NFL)に一番近い男と言われた栗原嵩選手も、自身のツイッターに、<彼は真実を話した。大人が逃げるな>と宮川選手を擁護するコメントをした。その一方、日大に対しては、<日大を潰せ!><この大学は学生のことを考えていない>などの批判がズラリと並んだ。

 今後、宮川選手はどうなるのか。退部にとどまらず、自主退学に追い込まれるのではないか、との見方もある。なにしろ、内田監督はアメフト部だけでなく、日大全体に絶大な力を持っている。

 もし大人のせいで若者の未来が絶たれるとしたら、許されない話だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  9. 9

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

  10. 10

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

もっと見る