集まる同情論 日大アメフト部タックル加害選手はどうなる

公開日:

 22日、日本記者クラブで悪質タックル問題について謝罪会見をした日大アメフト部の宮川泰介選手(20)に同情の声が集まっている。

 宮川選手は、謝罪の意味をこめて、顔と氏名を公表。悪質な反則をしたことについて、監督やコーチの指示がありながらも「自分で判断できなかった弱さ」だと悔しさをにじませた。

 顔や氏名を公表して宮川選手自らが会見を開いた経緯や、競技から退くと決めたことについて、ネット上では、<怒りと同情で涙が出てきた><立派で潔い会見><20になったばかりでよくこういった公の舞台に立てるよね。ホントにすごい><堂々としていてほんとかっこよかった>――などの称賛や同情の声であふれかえった。

 日本のアメフト界を牽引し、本場アメリカのナショナル・フットボール・リーグ(NFL)に一番近い男と言われた栗原嵩選手も、自身のツイッターに、<彼は真実を話した。大人が逃げるな>と宮川選手を擁護するコメントをした。その一方、日大に対しては、<日大を潰せ!><この大学は学生のことを考えていない>などの批判がズラリと並んだ。

 今後、宮川選手はどうなるのか。退部にとどまらず、自主退学に追い込まれるのではないか、との見方もある。なにしろ、内田監督はアメフト部だけでなく、日大全体に絶大な力を持っている。

 もし大人のせいで若者の未来が絶たれるとしたら、許されない話だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る