• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

集まる同情論 日大アメフト部タックル加害選手はどうなる

 22日、日本記者クラブで悪質タックル問題について謝罪会見をした日大アメフト部の宮川泰介選手(20)に同情の声が集まっている。

 宮川選手は、謝罪の意味をこめて、顔と氏名を公表。悪質な反則をしたことについて、監督やコーチの指示がありながらも「自分で判断できなかった弱さ」だと悔しさをにじませた。

 顔や氏名を公表して宮川選手自らが会見を開いた経緯や、競技から退くと決めたことについて、ネット上では、<怒りと同情で涙が出てきた><立派で潔い会見><20になったばかりでよくこういった公の舞台に立てるよね。ホントにすごい><堂々としていてほんとかっこよかった>――などの称賛や同情の声であふれかえった。

 日本のアメフト界を牽引し、本場アメリカのナショナル・フットボール・リーグ(NFL)に一番近い男と言われた栗原嵩選手も、自身のツイッターに、<彼は真実を話した。大人が逃げるな>と宮川選手を擁護するコメントをした。その一方、日大に対しては、<日大を潰せ!><この大学は学生のことを考えていない>などの批判がズラリと並んだ。

 今後、宮川選手はどうなるのか。退部にとどまらず、自主退学に追い込まれるのではないか、との見方もある。なにしろ、内田監督はアメフト部だけでなく、日大全体に絶大な力を持っている。

 もし大人のせいで若者の未来が絶たれるとしたら、許されない話だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

もっと見る