米でも話題に 日大殺人タックルがアメフト日本代表に飛び火

公開日:  更新日:

 当然のことながら、日大アメフト部が村八分にされている。

 日大の選手が6日の定期戦で関学大の選手に危険なタックルで重傷を負わせた問題で、他大学から予定していた春季オープン戦を全てキャンセルされたのだ。

 日大は同じ関東学生アメフト連盟所属のライバル校からソッポを向かれたが、「前代未聞の反則」と、関係者が一様に口を揃える今回の問題は日本国内だけでは済みそうにない。今後は世界のアメフト界にも波紋を呼びそうだ。

 実際、日大の殺人タックルはアメフトの本場米国でも複数のメディアが大々的に報道。AP通信の記事を引用して、日本時間17日に行われた関学大の会見も詳細に伝えている。17日付の「ニューヨーク・デイリーニュース」(電子版)は、記事とともに、問題の殺人タックルの動画をアップし、日大選手の卑劣さを訴えているほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る