スポーツ心理学者も指摘 日大アメフト部の卑劣“洗脳指導”

公開日:  更新日:

 悪質なラフプレーで相手の関学大QBを負傷させた、日大アメフト部DL宮川泰介選手(20)の告白は衝撃的だった。

 宮川選手は22日の会見でまず、被害者となった選手や保護者、関係者に謝罪。その上で、問題の悪質反則が内田正人前監督(62)とコーチの指示だったことを認め、「精神的に追い詰められて悩んだ。正常な判断ができなくなっていたが、やってしまったことに変わりはない。反省しています」とまた頭を下げた。

 スポーツ心理学者の児玉光雄氏が言う。

「立派な会見だったと思います。顔と実名を出して自らの非を潔く認め、質問にも自分の言葉でしっかり答えていた。非常にスマートな印象を持ちましたが、それだけにそんな彼から正常な判断力を奪った日大首脳陣の卑劣なやり方が際立った。代表入りや練習環境などを取り上げることで精神的に追い詰め、ぎりぎりまで追い込んだところで反則行為を条件にした試合出場というアメを目の前に出す。服従させるために巧妙に練られた、仕組まれたやり方です。洗脳と言っていい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る