スポーツ心理学者も指摘 日大アメフト部の卑劣“洗脳指導”

公開日: 更新日:

 悪質なラフプレーで相手の関学大QBを負傷させた、日大アメフト部DL宮川泰介選手(20)の告白は衝撃的だった。

 宮川選手は22日の会見でまず、被害者となった選手や保護者、関係者に謝罪。その上で、問題の悪質反則が内田正人前監督(62)とコーチの指示だったことを認め、「精神的に追い詰められて悩んだ。正常な判断ができなくなっていたが、やってしまったことに変わりはない。反省しています」とまた頭を下げた。

 スポーツ心理学者の児玉光雄氏が言う。

「立派な会見だったと思います。顔と実名を出して自らの非を潔く認め、質問にも自分の言葉でしっかり答えていた。非常にスマートな印象を持ちましたが、それだけにそんな彼から正常な判断力を奪った日大首脳陣の卑劣なやり方が際立った。代表入りや練習環境などを取り上げることで精神的に追い詰め、ぎりぎりまで追い込んだところで反則行為を条件にした試合出場というアメを目の前に出す。服従させるために巧妙に練られた、仕組まれたやり方です。洗脳と言っていい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  6. 6

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る