スポーツ心理学者も指摘 日大アメフト部の卑劣“洗脳指導”

公開日: 更新日:

 悪質なラフプレーで相手の関学大QBを負傷させた、日大アメフト部DL宮川泰介選手(20)の告白は衝撃的だった。

 宮川選手は22日の会見でまず、被害者となった選手や保護者、関係者に謝罪。その上で、問題の悪質反則が内田正人前監督(62)とコーチの指示だったことを認め、「精神的に追い詰められて悩んだ。正常な判断ができなくなっていたが、やってしまったことに変わりはない。反省しています」とまた頭を下げた。

 スポーツ心理学者の児玉光雄氏が言う。

「立派な会見だったと思います。顔と実名を出して自らの非を潔く認め、質問にも自分の言葉でしっかり答えていた。非常にスマートな印象を持ちましたが、それだけにそんな彼から正常な判断力を奪った日大首脳陣の卑劣なやり方が際立った。代表入りや練習環境などを取り上げることで精神的に追い詰め、ぎりぎりまで追い込んだところで反則行為を条件にした試合出場というアメを目の前に出す。服従させるために巧妙に練られた、仕組まれたやり方です。洗脳と言っていい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  5. 5

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  6. 6

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  7. 7

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る